男の人と女の人

無知のまま行なうと危険|不動産投資セミナーで知識を付けよう

マンションで不動産投資

貯金箱

投資マンションで利益を得るには、売却をするか賃貸にするかの二つの選択があります。売却をする場合は、買い主を不動産会社に探してもらいます。その場合は仲介手数料が必要です。仲介よりも早く売却できるのが不動産買取です。買取とは、不動産会社に直接買取りしてもらう売却方法です。仲介よりも安くなりますが、仲介手数料などの諸経費が少なくなります。資産として手元に置きたいなら賃貸がお勧めです。賃貸に出して借主が見つかれば、賃貸借契約をして毎月賃料をもらうことができます。賃貸経営の知識がなくても、家賃保証などの保証契約があります。家賃保証があれば、借主が長期的見つからなかったり、同時に沢山空き部屋が出た場合でも家賃が保証されます。

賃貸経営は沢山の人がしているマンション投資です。不動産売却は、上手くいけばすぐに多額の現金が手に入ります。しかし、普通のマンションは購入価格よりも高く売れることはないので、売却により大きな損失になります。しかし、マンションを賃貸にすれば、自分の資産として残しておけます。家賃保証があるので、空き部屋の心配も不要です。また、マンションは生命保険の代わりにもなります。もしも持ち主に何かあって住宅ローンが支払えなくなっても保険から返済できるので安心です。家賃保証を利用して賃貸経営が上手く運べば、定年退職を迎えるころに住宅ローンを支払い終えることができます。そうすれば家賃収入は全部自分のもとに入ってくるので、安心の老後が送れます。